ウォーターサーバー商法に注意!

"ウォーターサーバー商法にご注意を"
今、国民生活センターに多くの相談が寄せられているウォーターサーバー商法。
ウォーターサーバー商法とは、くじびきなどで、ウォーターサーバーが当たったが、水代は自分で払ってくださいとのこと。
途中で解約しようとしても、解約料や引取料を求められるケースもあります。

当たった!と言われると舞い上がってしまいここまで頭が回らないものです。

"契約前に確認を!"
ウォーターサーバーを家に置くつもりがなかったとしても、当たってしまうと嬉しいものですよね。
ですが、毎月お水代を払うのは当たった人。舞い上がって契約する際には、しっかりと冷静に戻り業者の説明を聞くことが対処法です。
とても、便利なウォーターサーバーですが、自分から必要として契約するのが普通ですよね。

もしも、ウォーターサーバーの設置を考えている方の当選であれば、それがいいきっかけになることもありますが、全く興味のない方はせっかく当たったから!ではなく、自分にとって本当に必要なのかしっかりと考えてから契約をしましょう。